Success Ticket
パチンコ

CRライジンマンを完全攻略!寝かせを最速で見極める方法

はじめに

導入からだいぶ経過しましたが「CR RAIZINMAN(ライジンマン)」の完全攻略法を主観で書きたいとおもいます。

パチセブンなどでも良い台の見分け方など書いてましたが正直たいして参考にならなかったので、私の独断と偏見で、ライジンマンで勝つ為には絶対的に必要となる寝かせを最速で見極める方法などを解説します。

最終更新日:2018年8月27日

上段クルーンの突破率はどうでも良い!

ライジンマンは上段、中段、下段とクルーンが3つあります。天龍∞と同じですね。

どこのホールも上段クルーンは比較的突破率は良いとおもいます。概ね1/3〜1/6で1段目は突破するはず。

ぶっちゃけ上段クルーンの突破率が仮に1/10だとしても(ほぼない)、ライジンマンで勝つことは十分できます。つまり、上段クルーンの突破率はどうでも良い!

もちろん良いに越したことはないので一応書いておきますが、目安としては平均1/3なら優秀、平均1/6なら普通、それ以上だと悪いと分類してます私の場合。

ただ何回も言いますが、上段クルーンは本当にどうでも良いのでなかなか2段目に行かなくてもイライラしないで下さい。ここはさほど問題ではありません。


中段クルーンが鬼門!ここは我慢強く辛抱

上段クルーンはどうでも良いと書きましたが、中段クルーンも実はどうでも良い。笑

どうでも良いと書くと完全に語弊が生まれますが、そもそも中段クルーンはなかなか突破できません

目安としては、1/6なら優秀、1/10がデフォルト(普通)だとおもって下さい。10回に1回の確率で下段クルーンへ行く感じですね基本は。

ただ、中段クルーンの突破率が1/10だとしてもライジンマンは十分勝てます。

3段目の下段クルーンが全て!

めちゃくちゃ当たり前の事を書くようですが、ライジンマンは3段目の下段クルーンが全てです!

1段目、2段目のクルーンが仮にどんなに突破率が悪くても、この3段目のクルーンが良ければライジンマンはかなり楽に勝てます。

ライジンマンで19万発?出たなんて話もありましたが、これまぐれじゃないんですよ。下段クルーンさえ優秀であれば一撃3万発オーバーは今ある現行のパチンコ機種で一番獲得しやすいとおもいます。

そして何故、下段クルーンが全てかと言えば、雷神チャンスへ突入すると5回の大チャンスが訪れます。

通常時はどんなに良くても2個程度の玉しかクルーンへは入りませんよね。基本は1個の玉が1段目〜3段目をクリアしてようやく大当たり。それが雷神チャンス中は複数の玉(平均7個程度)が1段目のクルーンへほぼ入ります。

仮に7個の玉が1段目のクルーンへ入れば、当然クルーンを突破する確率も高まります。複数の玉が2段目へ行くことも50%くらいの確率であるし、鬼門となる中段クルーンでも複数個の玉があれば3段目へ行く可能性も増します。

雷神チャンスへ突入するとこのチャンスが5回あるので当然連チャンしやすくもなります。

じゃあ、いざ雷神チャンスへ突入したとして、下段クルーンが悪かった場合はどうでしょうか?いくら1段目、2段目が突破できたからといって、肝心な3段目のクルーンを突破できなければ大当たりにはなりません。

雷神チャンス中に3段目のクルーンまで到達する確率は、1段目と2段目次第にもなりますが、やや悪い突破率の場合でも50%程度はあります。

5回チャンスがあるので平均すれば概ね2〜3回程度は下段クルーンまで玉が到達します。仮に鬼門となる2段目のクルーンが通常時で1/10の突破率だとしてもです。

つまり、雷神チャンスに突入すれば5回の時短で平均すると2〜3回は下段クルーンまで到達する可能性が高い。

となると、下段クルーンの突破率が1/2だとしたらどうなりますか?或いはそれ以上の60%〜70%の突破率だとしたら。

終わる気がしないとまでは言いませんが、かなりの確率で連チャンしそうですよね?クルーン内はデジタル抽選ではなく完全なアナログなので、終わる気がしない状態に突入することもリアルに結構あります。

下段クルーンが超優秀な台で終わる時っていうのは、大概運悪く3段目のクルーンまで1回しか到達できなかったときくらいです。やはり2段目のクルーンで泣かせられることもちょいちょい…。下段クルーンにさえ玉が来れば安心して見てられますね優秀台は。

寝かせを最速で見極める方法

通常時でも雷神チャンス中でも下段クルーンに玉が来たら必ず見るべきポイントが2つあります。

1.玉がどこの穴に落ちたか
2.玉が回ってるときの軌道(動き方)

この2つに注目して下さい。この2つを見ればその台の寝かせ具合を最速で見極めることができます。これは下段クルーンに限っての見極め方法なので上段・中段クルーンはまた違ってきますが、そもそも重要なのは下段クルーンなので省略します。

まず一つ目ですが、玉がどこの穴に落ちたか。これがライジンマンにおいて一番重要なポイントになります!

下段クルーンにも3つの穴がありますが、当然当たりの穴に入れば合格です。仮に超優秀な台であっても10/10はほぼない。目安としては7/10で当たり穴に入れば超優秀台、5/10なら優秀台、3/10が普通、それ以下は悪い。個人的な見解としては。

もちろん目指すは最低でも50%の入賞率はライジンマンで勝つ為には必須になるとおもいます。つまり下段クルーンの突破率が5/10で当たり穴に入る台なら、閉店1時間前まで打ち続けて大丈夫です。50%あれば1日打って勝つ可能性は十分高くなるとおもいます。

話を戻しますが、下段クルーンの3つ穴の内一つは当たり穴です。残りの左右2つの穴はハズレ。ハズレ穴に玉が落ちた時、どちらのハズレ穴に玉が落ちたかを必ず見てカウントしましょう。

寝かせが優秀な台で下段クルーンのハズレ穴に玉が落ちるときの90%は、左の穴に玉が落ちます。右のハズレ穴に玉が落ちた場合は、例え1回でも危険信号。寝かせが良いとほぼ右のハズレ穴には玉が落ちません!あくまでも私の経験則ですが。

私は相当ライジンマンを打ち込んでますが、仮に1回目で右穴に玉が落ちたら即やめします。もちろん100%ではなく90%程度の確率なので、10回に1回程度の確率で例え超優秀台であっても右穴に玉が落ちることもある。

しかし1発目の下段クルーンでいきなり右穴に落ちたらまあリスク回避でやめたほうが無難ですね。ライジンマンは確かに下段クルーンが優秀だと簡単に勝てますが、逆に寝かせが悪いと爆死も余裕であり得るある意味恐ろしい台でもあります。

だからこそ下段クルーンで寝かせを最速で見極めることがとても重要になります。

次に2つ目の重要ポイント、玉が回ってる時の軌道についてです。

仮に、下段クルーンの左のハズレ穴に玉が落ちた場合、とりあえずは続行します。しかし、左のハズレ穴に玉が落ちたからといって当たり穴に入賞する確率が50%以上ある寝かせ調整をしてるのかはわかりません。

5/10なら優秀台ですが、3/10の普通な寝かせ調整だとしたら打ち続けて良いのか迷います。それ以下の悪い調整の場合はほぼ右穴に玉が落ちるので左のハズレ穴に落ちることは稀。

5/10と3/10だと雷神チャンス中の連チャン率もかなり変わってきます。

左のハズレ穴に落ちた場合、もう一つ続行する根拠が欲しい。もちろん下段クルーンのサンプルを10回も集めたらわかることですが、通常時にそこまでサンプルを取る頃には勝負がついてますからね。笑

だからこそ最速で見極めたい。そこで大事になってくるのが玉の軌道なのですが、下段クルーンで玉が回転してる時の動き方を良く見て下さい。

完全に私が実践した経験則ですが、下段クルーンの場合は、やや横回りよりやや縦回りのが寝かせは確実に良いはずです。

上記画像の様なやや縦回りの軌道で回転してる場合はまず寝かせは良いです。

上記画像の様なやや横回りの軌道で回転してる場合はほぼ寝かせは良くないはずです。

この玉の軌道は寝かせ具合でかなり変わり、縦ぎみに回転してることが多い台は経験上まず良い台と判断しても大丈夫でしょう。

やや縦回りの軌道画像は少しオーバーぎみに書いてますが、わかりやすい放物線の描き方を例えるなら卵の形です。しばらくは普通に回転して、玉の勢いが少しずつなくなってきた時、卵の形の様な回り方をしてれば寝かせは問題ないです!

まとめ

完全に私がある程度実践して得た経験則の下での見解ですが、以上の2つの重要ポイントを抑えておけば優秀台を見極めることはできるかとおもいます。

もう旬は過ぎたとおもってる人もいるかもしれませんが、つい先日も超優秀台を見つけて二日間同じ台でトータル差玉+5万発いきましたのでまだまだ狙いですよ!

ちなみにその時は二日間合わせて最大連チャン数が16連、上段クルーンが概ね1/3、中段クルーンが概ね1/10、下段クルーンが超優秀の70%はありました。

店舗は某○ハンです。笑

優秀台であれば天龍∞よりライジンマンのが個人的にはおすすめなので、下段クルーンだけに注視して優秀台を見つけてみて下さい。

2018年のパチンコ機種で現段階では文句無しに一番勝てる台だと個人的にはおもってます。もちろん、下段クルーンが優秀であればの話ですが。

あとボーダーはそれほど気にしなくても大丈夫です。ライジンマンはデジタル抽選の要素も絡みますが、この台は完全に役モノ次第ですから。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です